見出し画像

子どももママ・パパも満足できる 入園・入学グッズは「minne」で揃えよう

メディア関係の皆さまへ

こんにちは、minneの広報 加藤です。

そろそろ来春の入園・入学グッズの準備の時期です。早いところでは説明会が開催され、持ち物リストを渡されたママ・パパもいるのではないでしょうか。子どもが好きな柄で、使いやすく、長持ちするアイテムを準備するのは大変なことです。保育園や幼稚園、学校によってはサイズの指定がある場合もあります。手作りという手段もあるけれど、共働きの家庭や小さな子どものいる家庭では時間の確保が難しかったり、そもそも裁縫が苦手だったり、ミシンを持っていなかったりすると手作りのハードルはとても高いものです。

「minne」では、作品数が多く選択肢は無限大。また、すでに子育てを経験した作家による使いやすさや長く使えることにこだわった作品もあるので、ママ・パパも納得のいく作品に出合うことができます。

今回、「minne」では人気作家にアンケートを行いました。本ニュースレターでは、アンケートで伺った作品への想いと作品を紹介いたします。


【入園・入学グッズ一部作品紹介】
■ me・mi さん
作品へのこだわり:子供の気持ちに寄り添う動物の表情


■ MONO工房 さん
作品へのこだわり:袋の中身が分かるデザインの中に、名入れをしているところ


■ HAM-NICO さん
作品へのこだわり:使いやすさなどの機能性


■ Kitten さん
作品へのこだわり:扱いやすさ、乾きやすさ、丈夫さ


■ TtoS さん
作品へのこだわり:持っていると笑顔になるような愛くるしい作品


■「minne」がおすすめする入園・入学グッズ


【入園・入学グッズを制作する作家アンケート】
■作品を作り始めたきっかけ
・母の作ってくれたお洋服を着て育った私は出産を機に娘にも愛情溢れたお洋服を着てもらいたくて母にデザインを形にしてもらいました。それをSNSでアップした所、お友達からもこういうの欲しかったと言ってもらい、自分の可愛いなと思うものに共感してもらえた事がとても嬉しくて母と製作を始めました(HAM-NICO さん)
・もともとアパレルで婦人服のデザイナーを11年程していました。結婚と同時にものづくりから離れていましたが、子どもの成長とともに時間が空くようになったので、もう一度ものづくりを一からやりたい、母親になり子どもの心に寄り添ったものづくりをしたいと思い始めました(me・mi さん)

■購入した方から言われて嬉しかったこと
・以前ご購入いただいたお客様が、数年後に下のお子さま用にご注文してくださったり、「まだ愛用しています」と言ってくださったりすることです。(Kitten さん)
・「ぼくの名前が書いてある!と喜んでいました」「子供が気に入って離しません」など、お子さんの反応がとても励みになります。(MONO工房 さん)

■どんな人に使ってほしいか
・小さなお子様向けですが親子お揃いで使っていただけたら嬉しいです。(TtoS さん)
・毎日使うグッズだからこそ、特別感のあるお気に入りのものにこだわりたい、という方。(MONO工房 さん)


各種取材や作家・作品ご紹介のご相談なども可能です。ご興味のある方は下記までご連絡ください。

【お問い合わせ先】
GMOペパボ株式会社 minne事業部 広報 加藤
メール:https://minne.com/contact
電話番号:03‐5456‐2622


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!撮影スペースや相談窓口として、ぜひご予約もお待ちしています。

Danke schön♪
6
ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/