見出し画像

相互コミュニケーションを意識する

minne(ミンネ)

SNSは「発信する場所」という認識があるかと思いますが、実は一方向から発信するだけではなく、相互のコミュニケーションもとりやすいという特徴があります。
投稿にいいね!がつけられたり、コメントを投稿できたりするのもその相互コミュニケーションの1つですが、今回はよりステップアップしたコミュニケーション方法ついてご紹介します。

簡単に取り入れやすいものから、少し挑戦的なものまで幅広くご紹介しますので、ぜひご自身のタイミングにあわせて活用してみてください!

相互コミュニケーションをとるメリット

「発信した」それを「見た」という単純な接触であっても、積み重ねることによって信頼や愛着は増していくものです。ただ、それ以上に「挨拶を交わした」「会話をした」という「コミュニケーションがとれた」体験は、その人をより身近なものに感じ、その後の関心が高まるきっかけになります。

それは実際の生活の中でも同じで、すれ違って顔を合わせるだけの人よりも挨拶を交わしたことのある人の方が関心が高く、目に留まりやすくなりますよね。そのように、単純な接触から一歩踏み込んだ関わりがあることによって、今まで以上にお客さんとの関係性を深めることができます。

また、そのようにコミュニケーションをとることによって、お客さんの意見を吸い上げやすくなるので、作品づくりのアイデアを得たり、ニーズを知って販促活動に活かすこともできるようになります。

積極的に活用したい、便利な機能

Twitter、Instagramともに相互コミュニケーションをとるための機能が備わっています。

Twitterは投稿する際に表示される下部メニューを選択して利用することができ、Instagramはストーリーズでの気軽なコミュニケーションが特徴になるため、機能もストーリー投稿時に使えるものが多くなっています。


それぞれの使い方を事例とともにご紹介していきますので、ぜひご自身のアカウントでどのように活用していくか想像しながら読んでみてください。

アンケートやクイズ機能を使う【Twitter/Instagram】

気軽なコミュニケーション機能としておすすめなのが、選択するだけで回答ができるアンケートやクイズ機能です。

気まぐれにクイズを出したり、今の気分を聞いてみるなどコミュニケーションをとること自体を重視した使い方をしたり、新作に迷ったときや制作で困っていることについて質問を投げて制作活動の参考にする等、多様な使い方ができます。


自由回答ができる質問を投げる【Twitter/Instagram】

Instagramには「質問」機能があり、ストーリーで設定することで見た人が自由に回答することができるようになります。前項でご紹介したアンケート機能だけでは物足りず、具体的な意見がほしい場合に活躍します。

フォームとはいっても気軽にコメントできる機能になり、回答数や回答内容はご自身でシェアしない限り他の人にはみることができないようになっているので、身構え過ぎずに使ってみましょう!

Twitterでは質問機能自体はないものの、特定のハッシュタグを使って回答を募ることもできます。以下のように回答用のハッシュタグを用意したり、引用やコメントで回答いただくように誘導しても同様のことができます◎


また、質問に対して回答がきたらぜひ返信をしましょう
返事をすることで回答してくれた方にとっても相互にコミュニケーションがとれた実感が生まれ、作家やブランドへの愛着が深まります。

Twitterの場合は投稿を見つけたらRTやいいね!で反応を返したり、コメントを返すなどでコミュニケーションをとっていきましょう。

Instagramの場合は、「質問」機能を使うと回答してくれた方のコメントを一覧で見ることができるので、その【返信】ボタンからストーリーで回答するかDMで回答するかを選んで返事をすることができます。

💡回答は他の人にも見える形で行うのがおすすめ
内容に差し支えがない場合は、Twitterの場合は引用RTで回答をし、Instagramはストーリーで回答をするのがおすすめです。オープンな場所で回答をすることで「ちゃんと反応を返してくれる人」という印象を持ってもらうことができ、全員に返信ができなかった場合でも残念がられることが少なくなります。また、見ている方の中に同じ意見を持っている方がいた場合は、回答が参考になる可能性もあります!見られて損のない情報は、できるだけオープンな場所でやりとりをしていきましょう。

スライダー機能を使う【Instagram】

アンケート機能も質問機能もちょっとまだ手が出しづらいと感じる方は、スライダー機能から始めてみてはいかがでしょうか。
スライダー機能では、質問と「質問に対してリアクションするための絵文字」を1つ選んで投稿することができます。

見た方にとっては、投稿にいいね!するような気軽さでスライダーをスライドするだけでリアクションができるので、手軽で気負わないコミュニケーションとして取り入れやすいものになっています。

毎日のちょっとしたコミュニケーションも大切に

大きなサプライズも楽しみとして必要ですが、日々のちょっとしたコミュニケーションの積み重ねこそ愛着や信頼を作る基盤になります。

  • 投稿にコメントしてくれた方へ返信やいいね!をする

  • メンションしてくれた投稿をリポスト・RTする

  • 投稿の最後に「コメントで教えて」など、見ている人がコミュニケーションを取りやすくなる要素を入れてみる

など、日々の投稿の中からでもコミュニケーションをとることはできるので、まだ上記のようなコミュニケーションに慣れていない方はステップアップする前にまず日々丁寧に対応することから始めてみるのをおすすめします。
日々のコミュニケーションに慣れてきたら、ぜひこれまでに紹介した機能をどんどん使ってステップアップしていきましょう!

💡メンションや独自のハッシュタグをつけてもらう
自身の作品についての投稿を探しやすくなるようにするために、独自でハッシュタグを作ったり、メンションをつけてもらうようプロフィール等でお知らせする方法もおすすめです。
案内しているタグやメンションをつけてくれている方は、投稿にコメントを返したりリポストしても、思い当たることがある分びっくりされるリスクも少なくなります。ぜひ「いいね」からでも、コミュニケーションをとってみてください◎

プロフィール文でハッシュタグを案内


さいごに

本記事では、相互コミュニケーションをとる方法や具体的な手法についてご紹介しました。機能をどう活用するかは自由なので、取り入れやすい方法を模索してチャレンジしてみてください。

お客さんのことを大切に思う気持ちは心の中にあると思いますが、ぜひ一歩踏み出して、行動や言葉にして伝えてみると今よりさらに嬉しい出来事があるかもしれません。

はじめから上手にコミュニケーションをとれる人はいないので、ご自身のペースで少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。この記事が少しでもお客さんとの接点を増やす手助けになれたら幸いです。

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
minne(ミンネ)

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!