見出し画像

SNSをはじめよう〜入門編〜

みなさんは作家活動を行っていく中で、TwitterやInstagramといったSNSをどれくらい活用していますか?「まだSNSを使ったことがない」「興味はあるけどなかなか始められない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では【まだSNSのアカウントをお持ちでない作家さん】に向けて、SNSを活用するメリットとSNSサービスの使い分けについてご紹介していきます。
※記事ではTwitterInstagramの2サービスについて説明します。

■SNSを活用するメリットって?

SNSとは「ソーシャルネットワーキングサービス」のこと。日本でも多くの方が使用しているSNSの特徴や使うメリットなどをご紹介します。
ただし、SNSは「必ずしも使わなければならないもの」ではないので、ご自身の作家活動のペースに合わせて無理のない範囲で取り入れてみてくださいね。

画像1

※minne公式アカウントはこちら▶︎Twitter / Instagram

ポイント①いつでも無料で使える
TwitterやInstagramをはじめとするSNSサービスのほとんどが、無料でアカウントを作成できることに加え、スマホやPCがあればいつでも使うことができるためとても便利です。毎日の通勤時間や休憩時間、PCでの作業中など、隙間時間にSNSをチェックする方も多いです。

ポイント②シェアで投稿が広がる
SNSの大きな特徴の1つは「シェアすること」です。自分が良いと思った投稿を他の方にもシェアし、それを見た方がまたシェアをする、というように自身のつながりの中だけではなく、色んなつながりの中で投稿が広がっていきます。

💡投稿が広がっていく過程で「自分の作品を知らない層のお客さま」にも届き、新たなファン作りにつながる可能性も。

ポイント③作品や作家活動についての発信ができる
SNSはリアルタイム性に優れているツールなので、作品の販売告知や制作過程を発信することで「作家さんの今」を知ってもらうことができます。また、投稿にはURLを掲載することもできるので、作品説明と合わせて販売ページのURLを書くことで投稿を見たお客さまが販売ページを訪れてくれることも。

作品に関する投稿以外にも、イベント出展や委託販売のお知らせなど作家活動におけるさまざまなお知らせの発信もおすすめです。

💡作品の制作過程やこだわりポイント、作品に込めた想いなど、作品ページだけでは書ききれない魅力もSNSで投稿することで、お客さまの「買いたい気持ち」を育てることができます。

ポイント④共通の話題でつながる
SNSの投稿で特徴的な「ハッシュタグ」や検索機能を使うことで、興味のある話題やアイテムについての情報を調べることができます。そこで特定の話題に関心がある方に新しく出会うことができるため、どんどんつながりが増えていきます。
最近では、検索サイトと合わせてSNSで情報収集を行う方も増えています。

■目的によって使い分けよう

「TwitterとInstagramのどちらを使用したら良いの?」「一度に両方始めるのは大変...!」と悩む作家さんもいらっしゃいますよね。そんな方はSNSの使用目的によって使い分ける、または片方のサービスから始めてみるのがおすすめです。
TwitterとInstagramでは下表のような違いがあります。

画像2

それぞれの特徴や機能について詳しくご紹介していくので、どちらがご自身の活動スタイルと合ってるか想像しながら読んでみてください。

■Twitter

💡Twitterはこんな作家さんにおすすめ
・まずは気軽にSNSを始めてみたい
・季節やトレンド、イベントなどに合わせて作品をアピールしたい
・イベントに出展する機会が多い
・コミュニケーションを盛んに取りたい

ポイント①テキストだけで気軽に投稿できる
テキストやURLだけで投稿できることに加え、1投稿140字までと決まっています。そのため、長い文章を書くことがあまり得意ではない方や、なかなか写真をたくさん用意できない方でもチャレンジしやすいかと思います。
また、写真(最大4枚)や動画を投稿することも可能なので、慣れてきたら写真と一緒に投稿してみる、など徐々に投稿内容のバリエーショを増やしていくのもおすすめです。ただし、投稿後にテキストを編集することはできないので注意してくださいね。

ポイント②リアルタイムな情報の需要が高い
Twitterではその日の天気や最新ニュース、母の日やクリスマスといった季節のイベントなど「リアルタイムな情報」について投稿・検索する方が多いです。そのため、季節やトレンドにあわせた作品を販売することが多い作家さんや、作品の販売告知をしたい作家さんに向いています。

また、イベント出展の際には、準備~当日までの様子や、会場の目印、販売する作品情報などをリアルタイムで発信することができるので、イベントに参加する機会が多い作家さんにもTwitterがおすすめです。

ポイント③拡散力がある
TwitterにはRT(リツイート)という他の方の投稿を簡単にシェアできる機能があります。自分の投稿を見た方がRT機能を使って投稿を広めてくれることがあれば、自分のことを知らない方に投稿が届く可能性も。
自分自身でも他の方の投稿をRTすることができるので、気になった投稿をシェアしてコミュニケーションを取ることもできます。

■Instagram

💡Instagramはこんな作家さんにおすすめ
・写真でブランドの世界観を表現したい
・作品説明や制作過程の話などもしっかり書きたい
・自分の作品を求めているお客さまに投稿を見つけてもらいたい
・投稿以外の機能も使い分けてアカウントの価値を高めたい

ポイント①写真がメインでテキストをしっかり書ける
Instagramは基本的に写真がメインのため、1枚の写真を大きく見せることが可能です。また、テキストは1投稿2,200字まで書くことができ、後から編集も可能なため、写真に合わせて作品に込めた想いやコンセプトなどもしっかりと書くことができます。一覧で見た時も写真が表示されるので、ブランドの世界観をアカウント全体で表現することができます。

ポイント②ハッシュタグ検索の需要が高い
ピアスが欲しい時は「#ピアス」で検索するなど、ハッシュタグで検索する方がとても多いのもInstagramの特徴です。ハッシュタグは投稿内に何個も設定できるので、自分の作品に関連するハッシュタグをいくつも設定することで、本当に求めているお客さま(需要のある層)に投稿を見てもらえる可能性が高いです。

ポイント③最大10枚の写真を載せることができる
例えばピアスを作っている作家さんの場合、1投稿の中で「正面からの作品写真」「角度を変えた作品写真」「着用写真」「製作風景の写真」「金具部分の拡大写真」「カラーバリエーション」など、最大10枚の写真を載せることが可能です。

ポイント④投稿以外の機能も豊富
写真の投稿以外にも、複数の投稿をカタログのようにまとめる「まとめ」や24時間で投稿が消える「ストーリーズ」、ストーリーズの投稿にタイトルをつけてプロフィールに表示させる「ストーリーズハイライト」など、複数の機能があります。目的に合わせて機能を使い分けることで、写真も色々な見せ方をすることができます。

■まとめ

・SNSのメリットを知ろう
 ①いつでも無料で使える
  シェアで投稿が広がる
  作品や作家活動についての発信ができる
  共通の話題でつながる
・TwitterとInstagramは使用目的によって使い分けよう

冒頭でもご説明しましたが、SNSは「必ずしも使わなければならないもの」ではありません。ですが、作家活動を続けていく上で「販売促進ツール」「ファン作りの場所」として活躍してくれるので、興味のある方はぜひ無理のない範囲でチャレンジしてみてくださいね。

次の記事では、実際に【SNSを始めてみたい作家さん】に向けて、アカウント作成やプロフィールの設定についてご紹介予定です。
また、今後はSNSアカウントの具体的な活用方法についての記事も公開を予定しています。

それでは、次回もお楽しみに。

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
minne(ミンネ)

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!

今日良いことあるかも*
ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/