見出し画像

ギフトに選ばれる提案のコツ(#minne学習帖)

こんにちは、minneの作家活動アドバイザー 二木なおです。

いよいよギフトシーズンの到来。丁寧に作った作品が、大切な方への贈りものに選んでいただけるとうれしいですよね。minneでもプレゼント・ギフト用に作品をお買い物される方が多くいらっしゃいます。

この機会にぜひご自身の作品がギフトにぴったり!ということをしっかり伝えていきましょう。さらに売り上げを伸ばしていきたい、という方にもおすすめです。

目次

・ハンドメイド作品のギフト需要ってどれくらい?
・ギフトシーズンっていつ?
・"ギフトに最適" と思ってもらうために
・ラッピング対応をした方がいい?
 -  シチュエーションに合ったラッピング
 -  無料と有料のラッピング
 -  ラッピングの参考アイデア

ハンドメイド作品のギフト需要ってどれくらい?

近年、国内のCtoCハンドメイドサイト(マーケット)の流通額は拡大を続けており、2016年は前年比の2.6倍となる192億円に達しています(*1)。

また、矢野経済研究所によると国内のギフト市場規模は、お歳暮・お中元など儀礼的なファーマルギフトが縮小傾向にある反面、時期や形式を問わず近しい間柄の人へ気軽に贈る「カジュアルギフト」の需要がギフト市場を牽引すると考えられています(*2)。

(*1)出典:一般社団法人日本ホビー協会「ホビー白書 2016」
(*2)(株)矢野経済研究所「ギフト市場に関する調査(2016年)」(2016年10月14日発表)

このような背景から、既製品にはない魅力をもつハンドメイド作品が、贈る側の想いやこだわりがあらわれるギフトとしてどのようなニーズがあり、また、今後ハンドメイドマーケットに何が求められるのかを探るべく、インターネットを利用してハンドメイド作品をギフト目的で購入した経験がある20代〜60代の女性 計500名を対象に「ハンドメイド作品のギフト購入実態調査」を実施しました。

「ハンドメイド作品のギフト購入実態調査」を日本国内で実施〜「誕生日」や「母の日」、友人への”ちょっとしたプレゼント・お礼”がきっかけに〜
| プレスリリース | ニュース | GMOペパボ株式会社

ハンドメイド作品をギフトに贈る理由としては、「おしゃれな友人だったのでオンリーワンのプレゼントをしたかった」や「世界に一つしかない手づくりアクセサリーを選んだので、とても喜んでもらえた」など、「特別感」や「他とかぶらない」という回答が多く、贈る相手のことを想い選ぶギフトだからこそ、こだわりをもって特別感のあるハンドメイド作品を選んでいる人が多いということがわかりました。

贈る相手としては「友人」や「母親」、「お子さま」へという回答が多く、近しい間柄の人にあげるギフトとして利用されていることがわかりました。

贈るシーンは「誕生日」や「ちょっとしたプレゼント」、「ちょっとしたお礼・お返し」、また「母の日」という特徴があらわれる結果となりました。

ギフト向けに購入される作品のカテゴリーは「アクセサリー」や「バッグ・財布・小物」、また「食べもの」や「インテリア&生活雑貨」など、多様なカテゴリーから選ばれていることがわかりました。

この調査により、ハンドメイド作品は「特別感」や「他とかぶらない」といった贈るものにこだわりながらも、時期や形式を問わず近しい間柄の人へ気軽に贈る「カジュアルギフト」としての需要があり、また、今後のギフト市場の成長を牽引する「カジュアルギフト」の拡大が、ハンドメイド市場の成長に大きく影響していくと考えられています。


ギフトシーズンっていつ?

作品のカテゴリーによって需要が高まる時期に多少の違いはありますが、実は1年中ギフトシーズン。プチギフトから年に一度の贈りものまで、シチュエーションはさまざまです。

ギフトに関連する祝日やイベント(一例)
1月 成人の日
2月 バレンタインデー
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業、転勤、引っ越し
4月 入園、入学、就職など新生活
5月 こどもの日、母の日
6月 父の日
7月 お中元
8月 お盆(帰省の手土産)
9月 敬老の日
10月 ハロウィン
11月 勤労感謝の日、いい夫婦の日
12月 お歳暮、クリスマス

上記の他にも、誕生日出産退職発表会など、通年のお祝いごともあります。毎日がだれかの特別な日なんですね。

"ギフトに最適" と思ってもらうために

ギフト感を演出して写真でしっかりと伝えましょう。ラッピングに使用する資材を使って撮影すると作品をギフトとして購入するイメージが湧きやすくなります。

画像1

minneではキャプション機能を利用して、一言コメントを添えるとさらに伝わりやすくなります。ラッピング対応が可能であればラッピングについても記載しましょう。

例)出産のお祝いにおすすめです。
例)ギフトラッピングも承っております。

キャプション機能とは?
minneに登録する作品写真の2〜5枚目に一言コメントを添えられる機能です。作品の想いやこだわりポイントを90文字まで入力できます。
端末によって表示文字数が限られるので、一番伝えたい内容を端的に20文字でおさめましょう。設定方法はマニュアルをご覧ください。


ラッピング対応をした方がいい?

アトリエでもよくご相談いただくギフトラッピング。ネットでも店頭でも、ギフトを選ぶときは購入の決め手になることがありますよね。もちろん、対応できることに越したことはありません。

さらに、どんなラッピングで手元に届くのかが写真で伝わると、購入を検討されている方が安心して買えたり、次はギフトに購入しようかな……と思われるリピーターのきっかけになります。

また、ラッピングの写真を1枚撮影しておくと、同じラッピングで対応できるその他の作品ページにも流用できるので作品撮影が少し楽になりますよ。

minneではひとつの作品ページにつき写真を5枚アップしていただけるので、ラッピングの写真を撮影したら4枚目、5枚目あたりに登録がおすすめです。

作品をつくることに集中したい……
わかっていてもなかなか取り組めない……

と思われる方も、ご自身の作品がギフトとして需要が高まるシーズンのみ期間限定でラッピング対応してみてはいかがでしょうか。
ラッピングにこだわりすぎて作品をつくる時間を圧迫してしまっては本末転倒なので、無理のない範囲で作品に合ったラッピングに挑戦してみてくださいね。

シチュエーションにったラッピング

ラッピングを考える上で大事なのは、作品がどんなギフトにぴったりなのか? シチュエーションに合ったラッピングであること。

ご自身の作品はどんなギフトにぴったりなのか、この機会にぜひ考えてみましょう。ギフトのシチュエーションによって、価格帯もさまざまです。

ギフトのシチュエーションと価格帯の参考例
ちょっとしたお礼やプチギフト…300円〜1,000円
気軽なギフトなど…1,000円〜2,000円
お祝いごとなど少しかしこまった贈りもの…3,000円〜5,000円
お世話になった方への贈りもの…5,000円〜1万円
特別にお世話になった方への贈りもの…1万円〜3万円
お店や病院の開店のお祝いなど…1万円〜5万円
一生に一度の大切な贈りもの…1万円〜10万円以上

◆ちょっとしたお礼やプチギフトは簡易包装で

ラッピングにコストをかけて作品が手に取りにくい価格になってしまうよりも、手に取りやすい価格帯の範囲内におさまる気軽なラッピングがおすすめです。

画像2

簡易といっても作品が安心安全に購入者のお手元に届くことはとても大切なことなので、作品を台紙などに固定し、透明なOPP袋などに入れ緩衝材で包みましょう。

なお、透明な袋に入れたまま撮影すると光が反射してしまい作品が見えにくくなってしまうことがあるので、撮影の際は袋の反射に気をつけて撮影するか、袋から出して撮影しましょう。

一手間くわえてかわいい包装紙で包んだり、おしゃれなリボンやレース、作品をつくる時に出る材料の切れ端をラッピングに取り入れるとオリジナリティが出るのでぜひ挑戦してみてくださいね。

◆特別な贈り物はボックスに入れる

年に一度の贈り物などはクリアケースやギフトボックスなど、見栄えがするラッピングがおすすめです。
作品を不織布で包んだり、ギフトボックスも少し強度がある箱を選んでおくと、作品を使わないときは保管しておける保管箱として使用できるのでおすすめです。季節物の作品などは参考にしてみてくださいね。

また、ボックスにぴったりサイズのお渡し用の紙袋をセットしておくとさらに喜ばれると思います。

画像3

無料と有料のラッピング

ラッピングにはコストがかかります。
簡易包装など無料でラッピング対応する場合は、台紙や袋、マスキングテープやショップカードなど包装にかかる費用を作品価格に含めましょう。

価格に含めない場合や期間限定でラッピング対応する場合は、オプション機能を活用して「ラッピング+200円」など有料にしましょう。
ギフトボックスなどを準備される場合や、クリスマス用ラッピングなど種類が選べる場合も、「ギフトボックス+500円」「クリスマス用ラッピング+300円」などオプション機能を活用しましょう。

オプション機能とは?
購入時にパーツ変更やラッピングなどオプションを選択できる購入オプション機能です。ハンドメイドならではのカスタマイズやクリスマス時期のラッピングなどの設定に便利です。
オプション機能について詳しくはこちら


ラッピングの参考アイデア

minneで活動中の作家さんのラッピングをご紹介した記事や書籍がありますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

▼ minne作家に学ぶ 上手なラッピングアイデア実例!

▼ 書籍「minneのラッピングアイデア」をチラ見せ

▼ プリンターを使ったラッピングアイデア


本日のまとめ

(1)自分の作品がどういった贈り物に最適か考えてみよう
(2)
ギフトにぴったりなことを "写真" や "文章" で伝えよう
(3)作品やシチュエーションに合ったラッピングを準備しよう

いかがでしたでしょうか?
購入目的として需要が高いプレゼント・ギフト。ぜひ作品に合ったラッピングを準備して、さらなる売り上げアップにつなげていきましょう。みなさんの作家活動が少しでも楽しくなるよう、本記事をお役立ていただければうれしいです。

#写真 をもっと学びたい方はこちら



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!

スキありがとうございます*
39
ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/

こちらでもピックアップされています

minne学習帖
minne学習帖
  • 54本

ハンドメイド作家さん向けの読みものをminneスタッフがお届けします。