見出し画像

ハッシュタグを活用してみよう!

minne(ミンネ)

SNSに投稿を続けていてもなかなか多くの人に見てもらえない、という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
SNSを始めてすぐに、フォロワーが増えて投稿をたくさん見てもらうことは確かに難しいかもしれません。
ですが、SNSは幅広い方に投稿を目にしてもらえるように作られているため、工夫次第で見てもらえるチャンスは広がります。その1つの方法がハッシュタグを活用することです。
今回は、ハッシュタグについてや活用方法をご紹介します。

■ハッシュタグとは

ハッシュタグはSNS上で使われる「#」から始まる文字列のことで、投稿の文章内に記載して使います。
同じハッシュタグが使われた投稿をまとめて見ることができるので、活用することで自身の投稿が特定の話題や情報に興味がある方の目に留まりやすくなります。

■ハッシュタグの活用方法

TwitterとInstagramではハッシュタグの使われ方が異なりますので、以下でそれぞれについて活用方法を説明します。

<Twitter>

Twitterはリアルタイム性が高いSNSのため、まさに「今起きていること」を共有するようなハッシュタグが使われる傾向があります。
Twitterは記載できる文字数が少ないので、「1〜3つ」だけつけることをおすすめします。

・季節・イベントを意識したタグ: #母の日 #クリスマス
・流行のハッシュタグ:#春を感じる画像か作品を貼ってみる

1.季節・イベントを意識する
Twitterでは「母の日」や「クリスマス」など多くの方が関心を持つようなイベントにカジュアルに参加できます。
参加することで、同じ情報で発信をしている方やその情報を探している方の目に留まりやすくなります。
共感していただけた場合は、いいねやRTなどで拡散もしてもらえるかもしれませんので、定期的に季節やイベントのハッシュタグをつけて投稿してみましょう!

「季節」や「〇〇の日」などのハッシュタグを探すときは、以下のようなイベントカレンダーも役立ちます。

Twitterモーメントカレンダー
カラーミーショップ2022年イベントカレンダー

2.流行りのハッシュタグに乗っかる
Twitterでは「#春を感じる画像か作品を貼ってみる」などものづくりに限らず、色々な方に注目いただけるようなハッシュタグがあります。
フォロワー以外の方がハッシュタグを通して、いいねやRTをしてくれるので、積極的に参加することで拡散してもらえるチャンスが高くなります。

流行りのハッシュタグは、Twitterが得意な作家さんがどのようなハッシュタグを使っているのかをチェックしてみたり、「トレンド」のページから今どのようなハッシュタグが注目を浴びているのかを確認するのをおすすめします◎

<Instagram>

Instagramは特定の情報を求めてハッシュタグを見る方が多いです。
なので「#上靴入れ」「#入園入学準備」など、minneの作品ページにハッシュタグをつける感覚で、作品の特徴やどのようなシーンで使われるかのタグをつけましょう。
また、趣味やコミュニティを示すハッシュタグもよく使われています。
ハッシュタグは「10個」ほどつけるのがベストと言われているので、複数つけて投稿してみてくださいね。

・作品の特徴・カテゴリーに関するタグ: #上靴入れ #入園入学準備
・コミュニティを示すハッシュタグ: #ハンドメイド好きさんと繋がりたい 

1.作品の特徴・カテゴリーを意識する
株式会社SHIBUYA109エンタテイメント「Z世代のファッションに関する意識調査」によると、Instagramは特に情報収集で使われている調査結果があります。
なので、お客さんが検索しそうなハッシュタグを入れてみましょう。
例えばタティングレースのピアスについて投稿するときは、『タティングレースという技法を知らない方はどのように作品と出会うのか』を連想してみます。「#レース編み」「#ハンドメイドピアス」などみんなが知っていてよく使う言葉をつけてみたり、利用シーンに即して「#ブライダルアクセサリー」を設定すると、タティングレースを知っている方だけではなく、より幅広い方に作品が届く可能性が高まります◎
もちろん「#タティングレース」のハッシュタグも忘れずに!

2.コミュニティのハッシュタグをつけてみる
コミュニティハッシュタグは同じ趣味や、特定の話題などに関心がある方を結びつけるタグです。
例えば作家・ブランドさんでしたら、「#ハンドメイド好きさんと繋がりたい」「#革好きな人と繋がりたい」などをつけることで作家さん同士の交流に繋がったり、お互いフォロワーしあってモチベーションを高めることもできるかもしれません。
ハッシュタグについては、自分と同じカテゴリーで販売している方の投稿を参考にしてみるのも良いですね。

💡「誰」に見てもらいたいのか
ハッシュタグは付けることで、特定の人に投稿をみてもらいやすくなります。ただ、その特定の人が作家さんなのか、お客さんなのかを想定できると投稿をもっと広めることができます。
お客さんに投稿をみてもらいたい場合は、お客さんがどのような場面で作品を欲しくなり、どのように検索するのかを想定することがポイントなので、「作品の特徴・カテゴリー」を意識してハッシュタグをつけてみましょう。
作家さんともっと交流を増やしたいという方は「コミュニティを示す」ハッシュタグをつけて投稿してみてください。

■ハッシュタグの付け方

ハッシュタグは文章の前後に「半角スペース」を入れることで機能します。

半角スペースが入っていなかったり、読点が入っているとハッシュタグとして機能しません。せっかく投稿したのにハッシュタグがついてない、ということを防ぐためにも投稿前はチェックしてみてくださいね。

⭕️  #財布 #ウォレット 
❌  #財布#ウォレット ⇒ 半角スペースが入っていない
❌  #財布、ウォレット ⇒ 読点が入っている
❌  #財布 ウォレット ⇒ 全角スペースが入っている

■minneのSNS企画に参加する

minneでは定期的にハッシュタグを用いた、シェア企画を開催しています。
参加いただいた投稿を一部minne公式のSNSでシェアしているので、より多くの方に投稿を見てもらうきっかけになります。
定期的に開催しているので、ぜひ参加してみてください!

▼例「minneの猫の日SNS企画

さいごに

多くのSNS投稿の中からお客さんに見てもらうためには、拡散してもらって幅広い方の目に触れる機会を作ったり、検索したときに引っかかるように準備をするというところがポイントになってくるので、ぜひハッシュタグを活用して投稿が届く可能性を広げてみてください!
また、minneでは定期的にSNSシェア企画を開催していますので、タイミングが合えばぜひ参加してみてください。

minneのSNS

公式アカウントでは企画やキャンペーンの情報を随時お知らせしています。よろしければフォローしてチェックしてみてください。

Twitter:https://twitter.com/minnecom
Instagram:https://www.instagram.com/minne_official/

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
minne(ミンネ)

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!