minneでワークショップ付きキットを販売しよう!
見出し画像

minneでワークショップ付きキットを販売しよう!

この度2020年12月10日に行った利用規約の改定により、minneの手作りキットカテゴリーにて、ワークショップ付きキット(ワークショップチケットと材料を一式にしたキット)を販売いただけるようになりました!

ワークショップ付きキットとは、作家さんが購入者さんに実施する「ワークショップ(対面方式やオンライン問わず)の参加チケット付きキット」のことです。

これまでの手作りキットカテゴリーでは素材と道具のセット販売が主で、作家さんがワークショップを企画した際には、作家さんご自身で別途参加者の申込受付や集金対応などをされていたと思います。

ですが、今回の改定により・・・

●レンタルスペース等で実施するワークショップの参加費(材料・道具費込)をminneで事前決済する
●オンラインワークショップの参加費(材料・道具費込)をminneで販売する

こういった、参加費と材料費を含めた「ワークショップ付きキット」を販売することが可能になります。

そこで、この記事では「ワークショップ付きキット」の基本的な出品方法やワークショップを実施するまでの流れについてご説明します。ワークショップ講師として多方面で活動されている方・これからワークショップを開催してみたいと思われている方は、ぜひご参考にしてくださいね。

はじめに~規約を改定した背景~

ハンドメイドを気軽に楽しむことが出来る「キット」は、近年注目度が高まっています。minneでも2019年に「手作りキット」というカテゴリーを新設し、完成された作品を販売する以外の新たな収益の柱として、キット開発・販売に取り組む作家さんも増えています。

そこで、minneでは、そんな作家さんの「キット」をもっと多くの方に届けたい、また、完成された作品の販売のみならずワークショップ講師としての活動の機会を創出したいという思いから、今回「ワークショップ」に着目しました。

これまでも対面方式のワークショップは多くありましたが、オンラインでのコミュニケーションも増えている背景のもと「ワークショップ付きキット」を販売することで、より多くの作家さんと購入者さんが繋がるきっかけになればと思い、今回の利用規約の改定を実施しました。

STEP1.出品する

「ワークショップ付きキット」を出品する際は『材料とワークショップ(体験)がセットであること』や、『ワークショップを実施するまでどのようなスケジュールなのか』などを事前に伝えることが大切です。購入者さんに安心して購入いただけるように、通常の作品説明にプラスして記載すると良い情報を、以下でご紹介します。

画像1

●作品名
作品名は「ワークショップタイトル【月/日(曜日)時:分~開催分】」のように、「開催日時」も記載しましょう。開催日時が添えられていることで一目でワークショップ付きキットであることがわかります。

また、同じ内容のワークショップを複数回実施する際は、開催日時ごとに作品ページをつくり、開催日時ごとに参加者さんの管理を行うといった方法もおすすめです。よろしければ参考にしてみてくださいね。

●カテゴリー
出品するカテゴリーは「手作りキット」を選択してください。

●作品説明
作品説明は、キットのみを販売する時と基本的には同じですが、加えて「ワークショップ開催日時」「実施場所」「所要時間」などを必ず記載してください。下記にコピーしてご使用いただけるようテンプレートを用意しましたので、よろしければご活用ください。

■開催日時
■レベル・対象年齢
■所要時間
■実施場所
■ワークショップの流れ
■キットの内容物
■ご自身で準備が必要なもの
■商用利用・デザインの複製可否

このほかに、通常の作品同様、作品のデザインや仕様に込めたこだわりや想い、あるいは『作品づくりのここを楽しんでいただきたいです』などのアピールポイントを記載いただくのがおすすめです。

Point💡 実施場所について
《対面方式の場合》

対面方式とは、会場を設けて参加者に対面でレクチャーするワークショップ方式です。特定の商業施設、ご自宅などさまざまあるかと思いますが、作品ページは不特定多数の方がご覧になる場所のため、掲載できる範囲で記載しましょう。

《オンラインワークショップの場合》
オンラインワークショップとは、ZoomやGoogle meetなどのWeb会議ツール・サービスを利用した、オンラインで実施するワークショップ方式です。
ZoomやGoogle meetなどさまざまなWeb会議ツール・サービスがありますが、サービスによっては商用目的での利用が不可の場合があります。そのため、あらかじめ該当サービス・ツールの利用規約をご確認の上、ご自身に合いそうなものを選んでみてくださいね。

画像2

●発送までの目安
ワークショップの開催日までに購入者さんのお手元にキットを届ける必要があるため、開催日から逆算して、余裕をもってお届けできるよう日にちを設定しましょう。

●購入オプション
自分の好きな組み合わせで作品を制作できる点もワークショップの楽しみのひとつでもあります。そのためパーツの種類が複数ある場合やカラーバリエーションがある場合は、購入オプションに設定しましょう。

STEP2.連絡する/発送する

出品し購入されたら、まずは購入者さんにメッセージでご連絡しましょう。購入のお礼とともに、開催情報や注意事項、今後の流れについてここで改めてお伝えすると安心です。ご連絡いただく内容は下記をご参考にしてくださいね。

・開催日時
・レベル・対象年齢
・所要時間
・実施場所
※対面方式の場合は、会場の名前や具体的な住所などを記載してください。
※オンラインワークショップの場合は、使用するURLを記載してください。
・(あれば)購入者の方にご準備いただくもの
・お問い合わせ方法
※可能な方は、当日の緊急連絡先をお伝えしておくと、お互いに安心かと思います。

その後、キットの準備ができたら、通常の作品同様に発送し「発送完了ボタン」を押してください。

STEP3.開催する

ワークショップを実施するための事前準備や環境を整えて、指定の日時にワークショップを開催しましょう。特に、オンラインで開催する場合は通信環境のチェックも事前に行っておくと安心ですね。当日は購入履歴などを元に参加者のお名前を確認して、人数が揃ったら開催です!

いかがでしたか?
ワークショップは作家さんと購入者さんが直接交流しながらハンドメイドが楽しめるコンテンツです。ぜひこの機会に、「ワークショップ付きキット」を通してたくさんの人と繋がることを楽しんでいただければうれしいです。

■お問い合わせ先
https://minne.com/contact
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
minne(ミンネ)

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!

今日良いことあるかも*
ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/