見出し画像

【イベントレポ】Hande und Stitchさんの「アニマルトロフィーを作ろう!&作品撮影会」を開催しました

2019年1月26日、27日にminneのアトリエ 神戸にて、Hande und Stitch(ハンド ウンド ステッチ)さんを講師に迎え「アニマルトロフィーを作ろう!&作品撮影会」ワークショップを開催しました。

minneハンドメイドアワード2017(開催時は「minneハンドメイド大賞2017」)にて応募総数約1万7千点の中からグランプリ(最優秀作品)を受賞されたHande und Stitchさんの作品は、古布・古着・本革・アンティークレース・ヴィンテージボタンなどこだわりの素材をベースに、手染め・手刷りプリント・ペイント・ダメージ加工・パッチワークリペア・刺し子などさまざまな技法を使用してひとつひとつ手作業で作られています。
可愛くておしゃれなアニマルたちを一度見たら、虜になってしまうこと間違いなしですね。

アニマルトロフィーがお出迎え

当日の会場には、アニマルトロフィーの良さやアニマルトロフィーがある暮らしを身近に感じてもらえるようにと、講師のHande und Stitchさんがたくさんのアニマルトロフィーを会場の壁一面に飾ってくださいました。

参加者のみなさんも、たくさんのアニマルトロフィーのお出迎えにおもわず感動。
初めて見る作品のひとつひとつの表情やデザインをじっくりと観賞されていました。

今年の干支でもあるイノシシのアニマルトロフィーは、新作だそう・・・!
ボタンで作られたお鼻や立派な牙がチャームポイントですね。

まずはキット選びから

テーブルの上には、Hande und Stitchさんが事前に用意してくださったアニマルトロフィーのキットがずらり。同じ種類のキットでも、それぞれ配色が異なるように作られており、参加者のみなさんもキットをひとつひとつ手に取りながらじっくりと選ばれていました。

完成前のキットを並べて

作る前に、キットを袋から取り出して完成前の写真をパシャり。
キットを並べただけでも可愛く、まだ完成前だというのにシャッターの音が鳴りやみません。

はじめに、Hande und Stitchさんが実際のアニマルトロフィーを見本に、製作の順番や作り方のポイントを分かりやすく説明してくださいました。

いよいよ作業スタート

まずは、顔やツノなどのパーツにわたを詰めていきます。飾られたアニマルトロフィーの硬さと比べながら、同じくらいの硬さになるように奥まで隙間なくしっかり詰めます。

手で届かない部分は専用の細長い棒を使って押し込んでいきます。
わたを詰め終わったら、わたが飛び出さないように返し口(わたを詰めるために開けている部分)を手縫いで縫い合わせていきます。

顔やツノの形を整えながらわたを詰めていくこの作業は、少し手間がかかりますが、少しずつ立体的になるアニマルトロフィーに「可愛すぎる…」とみなさんため息交じりに作業されていました。

難しい部分などは、Hande und Stitchさんが手伝ってくださるので、裁縫が初めての方も安心してアニマルトロフィー作りを楽しまれていました。

ツノと耳を縫い付けます

次は頭にツノと耳を縫い付ける作業です。
頭のどこにどんな角度でツノをつけるか、おおよそのツノの位置を決め、頭に切り込みを入れます。
切り込みを指で少し広げ、ツノをねじりながら差し込んでいきます。

ツノの角度を調節した後は、ツノと頭を縫い付けます。
ひと針ひと針、丁寧に針を通していきます。

耳はツノの下あたりに縫い付けます。
みなさんツノとのバランスを見ながら慎重に決めていらっしゃいました。

ワークショップ中は、参加者のみなさんとHande und Stitchさんで楽しくお話しされる姿も。
「アニマルトロフィーはいつから作られているんですか?」
「次はいつワークショップを開催されるんですか?」
など、Hande und Stitchさんの作家活動の様子にみなさん興味津々。

また、お隣の方が作られているアニマルトロフィーを見て「その子も可愛いですね」と、自然と会話が生まれ、アトリエは終始和やかな雰囲気に。

仕上げは刺繍糸で

最後は、目の周りに刺繍を施し、お好みでアイラインを入れます。
刺繍を入れることでさらにリアルな表情に。
みなさん、それぞれのお好きなお色の刺繍糸を選んで仕上げていかれました。

作品の撮影タイムでは、アトリエスタッフから、お手持ちのスマホで綺麗に撮影する方法をレクチャーさせていただきました。

今回は、Hande und Stitchさんがご用意してくださった壁掛けのフレームに、完成したアニマルトロフィーを飾って記念撮影を楽しみましたよ。

世界にひとつのアニマルトロフィーは、ぜひお家のお気に入りの場所に飾って、たくさん可愛がってあげてくださいね♩
ご参加いただいたみなさん、Hande und Stitchさん、ありがとうございました!

▼Hande und Stitchさんのギャラリーはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた際には、全国3拠点にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!撮影スペースや相談窓口として、ぜひご予約もお待ちしています。

谢谢♪
4

minne(ミンネ)

ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/

イベントレポート

これまでに開催したイベントの様子をお届けします。