タイトル_学習帖_新規_前置き_2

あなたは「どのくらい売る」作家になりたいですか?(#minne学習帖)

こんにちは、minne 作家活動アドバイザーの和田まおです。
今回は、「どのくらい売る」作家になりたいかについて解説していきます。以前公開した「何を作る」作家になりたいか とぜひ併せてお読みください。

1.はじめに
2.あなたは「何をつくる」作家になりたいですか?
3.あなたは「どのくらい売る」作家になりたいですか?

売り上げを伸ばしている作家さんがやっていること

まず、ネット販売を始めたばかりのハンドメイド作家さんから「自分の作品が本当に売れるのか?」「作品を知ってもらうにはどうすればいいのか?」といったご相談を、数多くお受けしています。

販売実績のない作家さんにとっては、楽しく作った作品がいつの間にか在庫の山になり、途方に暮れることになるのでは……とうまくいかないイメージばかり想像してしまう事もあるかと思います。

そんな中で、ちょっとずつ売り上げを伸ばしている作家さんは
「自分の売上目標を立てている」
「目標に向かって課題に取り組んでいる」

といったことができています。

目標を立てると、少しの数字の変化にも気づきやすく、より目標達成に向けて前向きに考えられる、というメリットがあります。

逆を言えば、売上目標を明確にしていない作家さんは、趣味で楽しく過ごせているうちは問題ないのですが、「もっと売りたいのに……」や「なんとなく忙しく過ごしているけれど手元にお金が残らない」といった課題に直面した時に、どう対処してよいか方法がわからなくなります。とはいえ、なんとか販売活動は回っているので、そのまま忙しい日々をすごしてしまう……というループになってしまうケースもよく見受けられます。

目標を立てることを怖がらない

目標を立てる時に「達成しないと恥ずかしい」という思いから、なかなか前向きに取り組めない方もいます。目標は他の人に公開する必要は一切ありませんので、達成しなくても誰かに知られたり責められたりする事はありません。

ハンドメイド作品をつくって、その利益を得ることに後ろ向きにならず、ご自身が手にしたい利益やライフスタイルに正面から向き合ってみましょう。


人気作家になりたい!売れたい!
果たして、その実態は?

「人気作家さんが、どのようにして売れるようになったのか知りたいです」というご質問も多くされます。では、質問者さんがいう「人気作家さん」とは、どのように人気の方のことを指しているんでしょうか?

この質問を投げ返すと、様々な答えが返ってきます。

👩🏼「1点物の刺繍作品を月に何度か販売していて、Instagramに販売告知をするといつも数分で売り切れる作家さん」
👩🏽「Twitterで活発に情報発信していて、固定のファンがたくさん居そうな作家さん」
👱🏻「minneのランキングに度々登場していて、2か月に1回は販売イベントにも出展している作家さん」

よく耳にするケースを3つあげましたが、この3作家さんの売上規模を考えてみましょう。

刺繍の作家さんは、制作に手間暇がかかるので、販売価格によりますが作品単価が1万円以下であれば、月の売り上げは3~5万円程度と推測できます。3人目のランキングによく登場する作家さんは、minneだけで月に数十万円以上の売り上げがありそうです。

このように、皆さんが思う作家さんの「人気像」には、売上規模にかなり幅があります。それぞれ、ご自身が納得して活動していることが重要で、この規模からもっと売り上げを伸ばしたいのか、もしくは現状維持したいのか。それによって、これからのTODOは大きく変わってきます。
目標は、みんな一律ではありませんし、金額だけで計れるものでもありません。

長期計画を立ててみよう

直近の売上目標が検討もつかない場合は、将来のざっくりした目標を考えてから、逆算して毎月の目標を立ててみると考えやすいです。

多くの固定ファンがついているハンドメイド作家さんも、最初はファンの人数は0人からスタートしています。1年後にどうなりたいか、3年後も作家活動を続けていたいか? それぞれのライフプランと併せて考えてみましょう。

育児をしながら制作活動を始めた方の場合は、当面は時間のやりくりが大変かと思いますが、お子さんの成長につれて制作時間の確保がしやすくなっていくことは確実です。焦らず、今できる範囲での活動での目標を立ててみましょう。

また、毎月一定額の売り上げを得ることは、実はものすごく難易度が高いです。作品が求められる季節にはオンシーズンとオフシーズンがあるでしょうし、大規模なイベント出店を控えている時期など、売上コントロールが難しいケースもあるかと思います。

最初は、一年を通して売上が●円、月に平均すると△円……といった考え方で充分ではないでしょうか。クリスマスシーズンなど、販売機会が増えるシーズンに過去最高の売上を樹立できるように、在庫数を調整して準備する、という方法もおすすめです。

「自分が望む目標をしっかり立てて、それを達成するために地道に活動する」という事が、モヤモヤした悩みを解消するには不可欠です。


一か月あたりの売上目標を決めよう

「何個売れるのか想像もつかないから、目標の立て方が検討もつかない」と思われる方も多いのではないでしょうか。目標を決めるにあたって、最初に把握しなければならないのは「一か月あたりに確保できる自由な時間」です。

休養も必要なので、決して無理な計画は立てないようにしましょう。時間が算出できたら、その時間内で、何個の作品を作ることができるか、計算してみましょう。

「いくらの作品」を ×「何個」販売したか = 売上金額
・一か月に確保できる作業時間は何時間?
・一か月に制作できる作品数は何点?


作品が売れ、売上金額はいくらになる?

「作った作品がすべて売り切れた!」
最初からこんなに順調なことはまず無いのですが、仮に売り切れたとしましょう。その場合の、売上金額を計算してください。

「全部売れたのに、これだけの金額にしかならない……!」と思ったら、価格設定を見直すか、制作個数を増やすか、どちらかを考えなければ売上目標には達成できません。

「やった!次も制作をがんばろう!」と思える価格設定が最初の一歩です。


あなたの作品の"魅力"とは?

ここで安易に「もうちょっと売りやすく、制作時間と価格を下げた作品に変えよう」と思ってしまうと、大変危険です。つくりやすいもの・売りやすい価格帯というのは、誰もが考えつくことです。

まだ出会ったことのない未来のお客様は、作品のどんなところを気に入って購入してくださるのでしょうか?
「みんなはこれが好きそう」と思って作ったその作品があるとしたら、その「みんな」とはいったい誰でしょうか?

この「みんな」に惑わされる作家さんはとても多いです。

まずは、よくわからない「みんな」のことを手探りで探すよりも、「自分はこれがかわいいと思う!」という自分の表現を追求した作品づくりをしましょう。自分用に作って身に着けている作品が、実は一番魅力的、ということもよくあります。

そして、次に完成したものに対して「同じ好みの人を探す」という手順が、初心者作家さんにとっては販売作戦を立てやすい方法だと思います。自分に似た「みんな」に、何を伝えれば作品の魅力を理解してもらえるのか、考えてみましょう。

本日のまとめ

(1)目標を立てることが大切。将来なりたい自分の姿を想像してみよう
(2)自分が制作可能な数と販売数をシミュレーションしてみよう
(3)作家の数だけ目標のパターンがある。漠然とした成功事例に惑わされないようにしよう

販売を開始したばかりのころは、売り方がわからなくて不安が多いことは、当たり前のことです。自分の目指す方向性をしっかり見据えて、できることから一つずつ着手していきましょう。

次回は、「価格設定にまつわるエピソード」についてお届けする予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!

トゥリマカシ♪
178
ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/

こちらでもピックアップされています

minne学習帖
minne学習帖
  • 49本

ハンドメイド作家さん向けの読みものをminneスタッフがお届けします。