見出し画像

ハンドメイド作家のための確定申告Q&A (#minne学習帖)

こんにちは、minneで作家さんの確定申告サポートを担当しているすだえりです。
涼しい気候となりとても過ごしやすい日が続いていますね。
ふと気がつけば今年も残り数ヶ月となりました。

作家活動の中で1年の節目とも呼べる「確定申告」の時期がそろそろ近づいてきていますね。
今日は、この「確定申告」について基礎知識とよくあるQ&Aをまとめご紹介します。
今年はじめて確定申告を行う方でも分かりやすいように
作家はなぜ確定申告を提出する必要があるのか
はじめての確定申告Q&A
の2項目に分けてご説明していきます。

■作家がなぜ確定申告を提出する必要があるのか

minneには様々な働き方で活躍されている作家さんが多くいます。
・お昼はオフィスでお仕事、夜は作品を製作・販売を行う兼業作家さん
・家やアトリエなどで作家活動をメインに行う専業作家さん
など
働く時間や場所が異なったとしても、勤務先と雇用契約を結んでいる会社員ではなく個人で事業を行っている人は、個人事業主 と分類されます。
このように、個人でハンドメイド作家として収入がある全ての方は個人事業主に該当します。
個人事業主は、1年間の収入・支出・利益を元に 税金 を計算し、税務署に書類を提出、申告する必要があります。
この書類を「確定申告書」といいます。

画像1

この書類を提出すると、一部の税金が控除されたり、今年どれぐらい稼ぎ、経費を使っているかが見えてきます。
確定申告は、少し面倒な作業と思われがちですが1年間のお金の動きを理解できる「お金の振り返りシート」だと思うと取り組みやすいですよ。

余談ではありますが、マガジンminneの学習帖では作家活動アドバイザーの和田によるお金に関わる記事も公開中です! 

ちょうど良い販売価格のつけ方
あなたは「どのくらい売る」作家になりたいですか?

上記のことでお困りのことがあれば、ぜひこちらもご参考ください。

■はじめての確定申告Q&A

minneでは、会計システムのfreee株式会社と連携し、税理士さんによる会計・確定申告セミナーを随時開催しています。
なかでもよくある質問やお悩みをご紹介します。

Q1:自分が確定申告をする必要がわかりません🤷
   どのように判断したらいいですか?

A1:作品を販売し収益が出た場合、基本的には税金が発生するため確定申告書の提出が必要といえます。しかし、年間所得が38万以下であれば、所得税がかからないため確定申告は不要になる場合があります。
また、所得が2ヶ所以上あり、2000万以上収入がある方は、確定申告書の提出が必要となります。
他にも、細かい条件があるため複雑に感じてしまうかと思います。
そんな時は、下のフローチャートでセルフチェックを行ってみましょう。

画像2

(※1:所得 = 収入(売上)  必要経費 - 青色申告特別控除
   ※2:minne作家以外にも、個人事業主として所得がある場合には、「作家としての所得」に合計して判断して下さい。上記のフローチャートは、すべてのパターンを網羅しているわけではありません)

このフローチャートは、あくまで一般的な作家さんを想定した簡易的診断表になっています。詳しくは、国税局のホームページをご覧ください。

Q2:作家活動をはじめて1年目です。開業届けを提出していないですが、確定申告はするべきでしょうか?🤔

A2:開業届を提出していない場合でも確定申告を提出する必要はあります。しかし、A1でご紹介したように活動年数ではなく所得額によって確定申告の有無が変わるため、ご自身の所得をご確認ください。

Q3:白色申告と青色申告はどのように異なりますか?👨‍💻

A3:大きく分けて控除額と申請方法の2つが異なります。
・白色申告:特別控除額はなし。
申請方法は、日頃の帳簿に記載しているような簡単な収支内訳書でOK。
・青色申告:特別控除額は、10万円と65万円の2種類があります。
青色申請する時は、複式簿記という帳簿のつけ方で「賃借対照表」を提出する必要があり、複式簿記という複雑な手法が必要なため控除額が多くなります。
また、青色申告は、控除額以外にも赤字を繰り越せる「純損失の繰越控除」など、万が一の時の備えになる制度もあるため、今後しっかり作家活動を行っていきたい!とお考えの方にはオススメです。

Q4:確定申告書類の作成には平均どれぐらいの時間がかかりますか?⏰

A4:経費や所得数、申請方法にもよりますが、一般的に2日〜1週間ほどで済ませる方が多いです。はじめての方は、時間がかかると思うので12月頭から少しずつ初めて、翌年2月の確定申告提出日までに準備することをおすすめします。
Excel等で自作することも可能ですし、クラウド会計ソフトを使用するとより短時間で書類を完成させることができます。

minneでは、クラウド会計ソフトfreee株式会社と提携し、minne作家向けプラン「会計freee for minne」を提供しています。

 会計freeeを利用すると、日々の経理業務から確定申告書作成まで簡単に作成が可能です。また、青色確定申告書の作成も日々の帳簿を記入し質問に答えていくだけで簡単に完了。freeeサポートデスクも対応しているため、はじめて確定申告書を作成する人にも安心してご利用いただけます。

会計freee for minne詳しい情報はこちらから/


いかがでしたか? この記事でハンドメイド作家が確定申告を行う理由とお悩みが少しでも解消していただければうれしいです。

今後もminneでは、作家活動を行うみなさんのお悩みを解消できるような記事をお届けしていきます。次回もお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた際には、全国2拠点にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!撮影スペースや相談窓口として、ぜひご予約もお待ちしています。

今日良いことあるかも*
74
ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。WEBブラウザ、iOSアプリ、Androidアプリをご利用いただけます。https://minne.com/