見出し画像

自分のことを発信する大切さ

minne(ミンネ)

「作品以外にも自分のことをSNSで発信してもいいのかな」と、迷ってしまったことはありませんか?
そもそも購入につなげるためには、作品やショップについての情報も大切ですが、販売元が信用できるかどうかも重要になります。
その信用をつくることに一役買ってくれるのがSNSです。
今回は、SNSで自分のことを発信して信用を作っていくことについてお話しします。

■SNSでの発信が有効な理由

SNSは多くの方が日常的に使用しているので、他のツールに比べて投稿を目にしてもらいやすいです。
ある調査によると、通勤電車中にスマホを利用している人は9割以上、その中でもSNSをチェックしている人が一番多いという結果があります。

Biz Hits 「電車通勤中にスマホでしていることランキング【男女500人アンケート調査】

ご近所さんと毎日顔を合わせて挨拶をしていると、親近感がわいてくるように、SNSで自分のことについて発信し続けることでお客さまとの接触回数が増し、親近感が生まれ、信頼につなげることができます。

■どのように発信するのか

1.制作している姿を投稿する

作品を制作しているときに、写真や動画で作品の途中経過を投稿してみてはいかがでしょうか。
制作している風景を投稿すると「こんな感じで制作しているんだ」「1点1点丁寧に制作されている」など、大切に制作されていることが伝わり、信頼が上がります。
また、工夫されているポイントも一緒に投稿することで作品への共感も高まるかもしれません。

制作過程についての投稿は、ぜひこちらも一緒にご覧ください。

2.作業机を見せる

日々向き合う机の上は制作活動に集中できるよう、多くの工夫をされている作家さんも多いはずです。作業机のこだわりポイントを投稿してみましょう。
普段はなかなか見せることのない制作の裏側を投稿することによって、お客さまがより身近に感じてくれるきっかけになります。
また、作品制作で大切にしていることも一緒に投稿することによって、価値観に共感した方がコアなファンになってくれる可能性が高まります。

とはいえ、プライベートな空間をSNSに掲載することに抵抗がある作家さんも多いと思います。
そういう場合は、『愛用している道具』や『お気に入りの小物入れ』など、
制作に欠かせない道具にも着目してみてください。
「ペンはこれがいい」「10年以上使っているハサミ」「いつも使うマグカップ」など、ちょっとした日常のエピソードが、ふとしたお客様との共感のきっかけになることもあります。

【投稿例】
・作品を通して自然の魅力をもっと広げていけたらと思うので、作業部屋を探すときは窓から見える景色にとてもこだわっています🌿🌲
・毎日使用しているハサミやペンなどの道具は、常に自分の好きを形にできるように、デザインにこだわっています!

3.自分の好きを発信する

SNSはカジュアルに発信できる場所なので、自分の好きなことを発信するのもおすすめです◎
SNS投稿を習慣化して楽しく運用するにはちょっとしたことの積み重ねなので、投稿にとても悩んでしまう方や気が張ってしまう方は、まずは自分の好きなことを発信してみましょう!
好きは共感を生み、フォロワーさんと交流するきっかけにもなるかもしれません。

どれも気軽に投稿できる内容になっていますので、ぜひ下記についても発信してみてください。

・好きな映画や音楽、小説等の話
・作業中のおやつ
・好きな色の話
・制作活動の中で一番好きな作業について
・いつも聞いてるラジオの話

さいごに

作品について発信することも大事ですが、「誰が」発信しているのかもとても重要です。販売者のことを知ってもらい、信用をつくることは購入にもつながりますので、少しずつでもいいのでぜひ自分のことを投稿してみてください。

また、minneとものづくりとでは、みなさんの「作業机」を募集しています。
#わたしの作業机 」「#minneとものづくりと 」のハッシュタグをつけると応募できますので、よかったら投稿してみてくださいね。


今後もSNSの更新に迷ったときに参考になるような情報をお届けしていきますので、ぜひご覧いただけますと嬉しいです。

minneのSNS

公式アカウントでは企画やキャンペーンの情報を随時お知らせしています。よろしければフォローしてチェックしてみてください。

Twitter:https://twitter.com/minnecom
Instagram:https://www.instagram.com/minne_official/


関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
minne(ミンネ)

サポートいただいた際には、東京世田谷にある作家交流スペース「minne LAB」で使える撮影小道具を充実させたいと思います!